伝えたいこと。

現在、2週間の予定で岩手のとある災害ボランティアセンターでボランティアコーディネーターをしています。

ニーズのあがった要請を現地に視察に行ったり、依頼者からの話を聞いたり。
その他、諸々のボランティアをサポートしたりしています。

海に近い地域は大きな建物の変わり果てた姿以外は本当に何もない状態。
ボランティアの数も減り、みんなの記憶からも段々風化がすすんできていますが、田畑を再開するためのガレキ撤去や側溝の泥かきなど生活を再建していくためのニーズが多く上がってきます。

画像-0109


写真は津波に浸かってしまった畑を作り直して作ったトマトとゆず。
懸命に育てたものを依頼者のおじいちゃんにいただきました。
トマトは非常に甘くておいしかった。
なかなかハードな業務ですが、そういう様子を知るとなんだかあったかくなりました。


* * * * * * * * * * * *


一緒にボラセンで働いているSくん。

彼は陸前高田出身。
関西の大学を卒業する間際にこの震災が起こりました。
家は高台にあって無事やったけど、お母さんが流されました。

関西での就職が決まっていた彼。
お母さんの供養を終えてバタバタしたあと関西に戻って仕事を始めたそうです。
けど、どうしても身が入らなかったので地元へ。
父は出稼ぎでおらず、弟は大学で他県在住。
広い実家での一人暮らしが始まりました。
地元ですることも特にないので、8月からこのボラセンで活動を始めたとのこと。


基本、ガレキ撤去や草刈りなどを中心に受けているボランティアセンター。
その中で彼はとある被災した子育て支援センターの運動会手伝いの依頼を快く受けてきました。
けれども、ボラセンでは「この案件は受けられないかも」という話になりました。
ボランティアも減っている今、ただでさえ上がってくる要請に応えられていないのに、その子育て支援センターの通常業務の手伝いを受けると他にも手を広げないといけなくなる。
それが理由でした。

結果、この案件は通りましたが、「今後こういう案件があれば、ボラセンで受けるかどうかを検討するから、自分で判断せずに保留にして報告してくれ」と注意を受けました。

個人的にも様々な事情を考えると「この案件は受けられるかどうかグレーゾーンだな」と思っていました。
けれど、彼がその時の話し合いで言ったのは、「受けられない案件だなんて1ミリも思わなかった。」


子育て支援センターの職員も津波で流されて犠牲になり、人手が足りない。
被災した子どもたちがその日だけは戻ってきて開催する行事だし、もし、津波が来なかったら普通に開催できていたはずだから。


それが、彼がそう思った理由。

そんな案件を他にも拾ってきて、ボランティアセンターとしてNGとなったものは、自分で個人的に出向いて対応している。

「なんとかしてあげたい」という彼の優しい気持ちと行動に胸を打たれました。

淡々とした印象を受けるけれども、一緒に現場に行ったときに依頼者との接し方を見ているとその奥にあったかいものを感じる彼。


昨晩、その1人では持て余してしまう彼の実家に泊まらせてもらって、サシで飲みました。
1時過ぎまで一緒に話していて、そこでわかったこと。

彼のお母さんの仕事はホームヘルパー。
地震が収まったあと、海に近い街に住んでいる利用者さんを心配して車を走らせていったところを津波に襲われてしまったとのこと。


「お母さんの優しさを引き継いでいる本当に優しい子で、今みんなの為にめっちゃ頑張ってますよ。」
もし、彼のお母さんに伝えることができるのなら、そう伝えたいです。

20代最後の誕生日。

ネパール生活も残り1か月を切った先日(26日)。
20代最後の年を迎えました。

世界各地からメッセージをくださった皆さん、
祝ってくれた同期のみんな、
本当にありがとうございました!


サッカーで言えば、あの中田英寿が引退したのが29歳。
植村直己がエベレストに日本人初登頂を果たしたのも29歳。
そして、今の俺29歳。何も果たしちゃいない。
まだまだこれから始めないといけないことだらけですね。

今日発表されたキリン杯日本代表で、年上なのは2人だけ。
その事実から客観的に見れば、いい歳になったんですね。


そんな29歳になった僕は1か月後には日本に帰国します。
その後、何をするのか考えている事もあります。
しかし、予定は未定。

協力隊でがむしゃらにやれば、本当にやりたい事が見えると思っていました。
結果、やりたい事が増えて余計にわからなくなった気がします。

途上国の子どもたちの為に…と考えたこともあります。
が、今は日本のために頑張っていきたいと思っています。

1年後、30歳を迎える時、一体どこで何をしているんでしょうね?
たぶん日本にはいるかな?
絶対、地球のどこかにはいるでしょう。

なんだか楽しみです。

******************

ネパールで迎えた最後の誕生日。

生徒から誕生日ラブレターをもらいました。
(本命は別にいるのですが。)
CIMG0944.jpg
この子Siripaちゃんから。

しかも4通ほど。
だいたい同じ内容だったので、そのうち1通を紹介。
CIMG1274.jpg
<全文>
Siripa Karanjit
I like up …
I Love you.
The Brithday sorry
That are you
The of is ALL taLL
(サイン)Sign

知っている英語を駆使して書いてくれた感じがたまりません。

バースデイ・ソーリー?
なんで誕生日に謝ってんの??(笑)
こんな内容ですが、乙女が恥じらった感じで俺に渡してきたので、ラブレターだと思っています。

…こんなん、3週間後泣いてまうやろー!!!!

がんばろう!日本

ご無沙汰しています。
前の更新から1カ月余り。
出張でバタバタしたり、友人がネパールへやってきたりと忙しく過ごしていました。

そして、地震・津波のあった3月11日。
あの日、私はモルディブにいました。

任国外旅行でインド・スリランカ・モルディブを回っている最中でした。

同期が活動する島を訪問中にその事を知りました。
モルディブのテレビでもリアルタイムでNHKワールドの映像が流されていました。
日本から遠く離れた場所で、あまりにも現実離れした映像が目に飛び込んできて信じられませんでした。

うちの状況ですが、実家は震源から遠く離れた神戸。問題はありませんでした。
おじいちゃんが埼玉に住んでおり、しばらく電話が通じませんしたが、無事でした。
状況がよくわからない事が妙に不安でした。
家族から遠く離れるってこういう事が起こるのですね。


それ以降、訪れた南アジアの国の人たちや飛行機などで一緒になった欧米などの色々な国の人から口々に「日本の家族は大丈夫なのか?」と聞かれました。
奇しくも、7年前のスマトラ沖地震津波で被害を受けたスリランカ・モルディブを訪れていたので、そこの人たちはその怖さを知っている分、気にかけてくれました。
ネパールに戻って来てからも、みんな気にかけてくれました。
同じ南アジアでも山国と海国、ヒンドゥー教徒、仏教徒やイスラム教徒の多い国とカラーの違いを感じに行った旅でしたが、どの国の人たちも優しかったです。


阪神大震災を小6の時に経験し、その時に何もできなかった思いから大学時代ボランティアを始めて、そこから発展して神戸の心を持って途上国に飛び出してきました。
それが今、こんな事になって日本に戻って何かできる事をしたい気持ちです。
今行ったところで何ができるわけでもないので、目の前の事に取り組みながら何か自分にもできる事を探していきます。


話がとびますが、大学時代のボランティアサークルの後輩が警察官として仙台空港のひとつ南の街で働いています。
津波の被害を免れなかった地域なので、安否を心配していたところ、
「俺なんとか生きてる!」
とだけメールで送られてきました。
彼の壮絶さや忙しさは想像を絶する状況だと思います。
今はそのメールだけで十分です。
応援する事しかできないけど、もう十分に頑張っているはずやけど、今は倒れない程度に被災者の為に頑張ってほしいです。


スリランカもモルディブも、深い所では色々な傷が残っているとは思うのですが、津波がやってきたことなど感じさせないくらい復興していました。
日本もきっと復興できるはず。がんばろう!日本

任務を全うすること。

協力隊の友人が治安悪化によりチュニジアから日本へ帰国する事になってしまった。
彼女は、同じ隊次で訓練中にパキスタンが治安悪化でチュニジアに泣く泣く任国変更になったのだった。
1回だけではなく2回までも…

同じ班だったアフリカ派遣の仲間からは、アルカイダの影響で活動に影響が出て、ひょっとすれば帰国の可能性があると報告を受けた。

正直、なかなか思うようにいかず、かなりイライラさせられているネパール生活。
俺自身の問題もあるんやろけど、ワーッと叫びたい事がある。

それさえも幸せな悩みなんだと、痛感させられた。
「2年間任期を全うして帰国する。」それさえもままならない国が世界にはある。


なんとか、うちの職員を俺のやりたい方向へベクトルを向ける事ができたてきた気がする。
個人的には遅すぎたと思わなくもないけど、本当に幸せなんやな。

大げさかもしれんけど、日本でのキャリアとかを投げ出して人生の貴重な2年間を費やしてやってきた協力隊。
現地の人にとっては変哲もない2年間かもしれないけど、俺にとっては人生を賭ける気でここにやって来た2年間。

今の状況を嘆くのではなく、立ち向かって任務を全うしたい。
何を言いたいのかよくわからなくなってきたけど、今そんな気分です。
プロフィール

ハッピー太郎。

Author:ハッピー太郎。
1982年生まれの27歳。京都の大学を卒業後、淡路島での3年間教員生活を経て、ネパールへ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (51)
ネパールの現状 (3)
プライベート (21)
??? (0)
お仕事 (13)
ネパール隊員派遣40周年 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。